MENU

ニキビ跡ができる原因

ニキビが出来た時に放置してしまったり、間違ったケアをしてしまうとニキビ跡になってしまうことがあります。 ニキビ跡が出来ると、とても憂鬱な気持ちになってしまいますよね。 そのようなニキビ跡はなぜ出来てしまうのでしょうか?

一つはメラニンによる色素沈着です。 本来は紫外線などから肌を守るために作られるものですが、ニキビに伴う炎症や化膿により活性酸素が発生し、これから肌を守るために過剰にメラニンが作られ、シミとして残ります。 ニキビによって細胞が壊された状態では、正常な肌の新陳代謝はできないため、茶色い色素沈着として残ってしまいます。 メラニンは、浅い部分では黒く、表皮から真皮の浅い部分では茶色、真皮の深い部分では青く見えます。

もう一つは、ニキビに伴う出血による赤黒い色素沈着です。 ニキビによる炎症や化膿が表皮の下の真皮にまで及び、毛細血管を傷つけ出血し、血中のヘモグロビン色素が沈着することによりシミとなります。 時間の経過とともに紫色から赤黒く変化し、肌の残ってしまいます。

さらに時間が経過すると、白血球の一種である食細胞マクロファージが、その変化した部分を食べてくれ、徐々に目立たなくなります。 最後は、さらに炎症がひどく、長い時間続くとダメージは大きく、肌の奥深く皮下組織まで及び細胞組織が破壊されると、クレーター状になり、もう元には戻せません。 早目の手当てが大事ですね。 大人ニキビにおすすめの化粧品

ニキビ跡が出来ないようにするには?

一度ニキビ跡が出来ると治すのは大変です。 ですから、ニキビ跡が出来ないように予防するようにしましょう。 ではニキビ跡を予防するにはどうしたら良いのでしょうか?

ニキビの初期の段階での対応が肝心です。 毎日の洗顔で、お肌を清潔にしておくのは基本です。 刺激の少ない洗顔料で撫でるように優しく洗い、手で擦らないようにします。 炎症前の白ニキビや毛穴の入り口が黒く見える黒ニキビの段階では、ピーリングなどで角栓を除去します。 処理後は必ず保湿ケアやビタミンC美容液などのニキビケアを行い、再発や悪化を防ぎます。

さらに進行して赤ニキビの段階では、ニキビケアをしながらニキビ用の軟膏を塗布し悪化を防ぐようにします。 ニキビの芯が出ているような状態であれば、皮膚科を受診しましょう。 自分で芯を出すこともできますが、清潔な器具を使い上手に処理しないと、毛穴からばい菌が入って炎症を起こすことにより、クレーター状のニキビ跡になる可能性もあります。

ニキビは生活習慣の乱れからも発生、悪化しますので、生活習慣も見直しましょう。 規則正しい生活、食生活の改善、充分な睡眠、ストレスを溜めないなど体調管理が大切です。 ストレッチや軽度の運動は、新陳代謝も促進し血流も良くなりますので、お肌にとっても効果的です。

ニキビ跡を解消するには?

ニキビ跡にも赤みや色素沈着、クレーターやケロイドなど種類があります。 クレーターやケロイドなどの重症のケースから生じたニキビ跡はホームケアでは消すことはできません。 クリニックでの治療が必要となります。

赤みや色素沈着などは、個人差はありますが、改善することは可能です。 まずは、紫外線を浴びないようにすることです。 傷んだお肌に紫外線は大敵です。 室内にいるときでも紫外線の影響はありますので、外出以外の時も日焼け止めを塗り、お肌を守ることです。

ストレッチや軽度の運動なども欠かせません。 お肌の新陳代謝能力は年齢とともに低下します。 運動は血流やリンパの流れを改善し、新陳代謝を促進します。 また、栄養バランスの取れた食事も身体の中から健康になり、お肌への栄養補給となり、新陳代謝が高まります。

お肌への直接的なスキンケアは、洗顔と保湿が重要です。 洗顔料は低刺激のノンオイルを使用し、泡で優しく撫でるように洗い、強く手で擦るような刺激を与えることは控えましょう。 ビタミンCを配合した化粧水は、殺菌効果や美白効果があり、新陳代謝も促進してくれます。 乳液やクリーム、美容液などはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など高保湿成分を含んだものを選びます。 傷んだ肌の回復には時間がかかります。 じっくり根気よく続けることがポイントです。

更新履歴