無保証融資

即日融資

 

ローン用語の無保証融資とは

ローン用語の無保証融資とは、第三者の保証が要らない融資のことをいいます。金融会社にとっては、リスクも大きいので審査基準は厳しいものが一般的です。昔は、保証も担保もないと融資が受けられないのがあたりまえでした。現在は、無保証無担保でローンが組めるというものもあたり前になりました。急な出費でまとまったお金が必要なのに、保証も担保も用意ができないという人は多いと思います。そんな人たちに便利なのが無保証融資になります。安定した一定の収入があれば利用することができるでしょう。貸す側としては、リスクがある分、金利はやはり高いです。昔と比べると担保も保証も必要なく、手軽に借入できると金融会社も身近な存在となっています。借りたお金は必ず返す義務があります。それは無保証融資であっても、返済責任は本人にありますから当然です。利用する前には、本当に借入しないといけないのか、この返済計画で大丈夫なのかを徹底的にシュミレーションを行いましょう。自分の収入と支出をしっかりと把握して、利用する際には計画的にということを忘れないことです。

 

http://xn--lck0c6eya6bc0782dl34atk4dk6k.com/

ローン用語の単純保証人とは

ローンを組むとなりますと、連帯保証人が必要となってくることがあります。連帯保証人という言葉は良く聞きますが、意味はローンで借り入れをした債務者がお金を返済できない場合に、代わりに払うことをいいます。ただ、連帯保証人の場合は1人だけではなく、2人や3人と複数の人が保証することが可能です。しかし、タイトルに書かれた『単純保証人』は、連帯保証人とはちょっと違っており、これは債務者の借金を借りた金融会社に対して、返済することを約束しますよという人のことを指します。連帯保証人と違う点は、債務者が借金を返済できなかった時に、金融会社は当然として、保証人にも返済を求めるように言いますが、その場合、保証人は債務者に返済の請求をすることができる権利があります。これを「催告の抗弁権」といい、また、同時に債務者に安定した収入があるなど、充分な返済能力がある場合は、その旨を証明し、保証人としての返済を拒否をすれば、成立することができる「検索の抗弁権」の2つの権利を持つことができます。連帯保証人の場合は、この2つの権利がないので、泣き寝入りをして支払わなくてはならないですが、この権利を使えば、人間関係が壊れるものの、場合によっては債務が免れるので、保証人になるならこちらの方が法的力がある分、まだマシかもしれないですね。